品質保証・研究開発
  • HOME
  • »環境保全

当社は、医療・健康に係わる企業として、これらの環境問題を真摯に受け止めております。 21世紀は「環境の世紀」といわれており、その環境への取り組みは、国や企業をこえて、広く人類、そして地球全体の課題となっています。人類の発展は、エネルギーを消費し豊かな生活を実現することで前進してきました。しかし、その背景では環境破壊を引き起こし公害が発生。また多大なエネルギーの消費により、大気中の二酸化炭素は増大し続け、地球温暖化の進行による異常気象が世界各地で発生しています。
これらの環境問題を当社のテーマである「心もからだも輝く健康づくり」の一環として、2005年12月に城東工場でISO14001を認証取得し、下記の環境方針に基づき活動を展開しております。

image


東洋製薬化成 (株)城東工場  環境方針

東洋製薬化成株式会社は人々の健康な暮らしを支える企業として、生命と地球環境の係わりを深く認識し、全ての事業活動において、かけがえのない地球環境の保全に取り組み、企業の更なる使命を果たします。
この考えをもとに、東洋製薬化成(株)城東工場は「環境方針」を以下のように宣言いたします。

1.環境関連の法令、その他の要求事項を順守するとともに、汚染の防止を徹底します。
2.生産活動を通じ、省資源、省エネルギー、廃棄物の削減などを行い、健全な環境の維持・向上に努めます。
3.環境方針を達成するために、当工場及び各部・課に環境目的・環境目標・実施計画を設定し、環境保全活動のシステムとパフォーマンスの継続的な改善を図ります。
4.従業員には、環境についての基本的な考え方、また当工場の環境方針に沿った行動について従業員教育を徹底します。
5.当工場は地域社会との調和を大切にし、環境管理活動を推進します。また本方針は、地域社会及び一般の人々に必要に応じて公開します。

〈取り組み内容〉

生産より発生する廃棄物の削減はもとより、廃棄物の3R(リユース・リデュース・リサイクル)を目指し、活動しております。 そのひとつとして、これまで廃棄していた原料容器の一部を、原料の品質を保ちつつ形態、材質変更を成功させ、リサイクル化を実現しました。 従業員への社内教育、活動の充実も図っており、一人ひとりの行動を大切にしています。

line
PAGE TOP